事業を拡大するならM&A|買収のメリットを知る

男性

合併買収の利点

男性

成立後が重要になる

M&Aを行う際の買主側のメリットとして、会社の規模を拡大できる、事業の多角化や異業種への進出を図れる、弱い部門を強化できるという点が挙げられます。また、新規事業を立ち上げる場合にかかる時間とお金を削減できるというメリットも考えられます。一方、売主側には後継者問題や先行き不安の解消や従業員の雇用の安定というメリットがあり、経営が振るわない事業から撤退して本業回復に集中することも可能です。加えて、創業者利潤を得た上でハッピーリタイアできるというメリットもあります。こうしたメリットを考えることも大事ですが、買主側はM&A制約後の計画、アフターM&Aを立てておくことも重要です。アフターM&Aの具体的な業務には、社員へのM&Aの告知、社員の就業条件の決定、人事決定、円滑な統合のための規程決定等があります。そして両社の特長を踏まえて統合するものとしないものを判断し、整える体制の優先順位を決めます。このとき最適な組織モデルについても熟考しましょう。それに加えて会社全体の業務効率が落ちて経営が悪化することもあるので、社員が働く環境にも心を砕くことが大事です。なるべくならM&A後半年以内には不安を取り除けるようにしっかりとした対策を行います。なお、M&Aにかかる費用は契約締結のために雇った弁護士報酬と印紙税、アドバイザーを雇った場合はそのサービス報酬、財務調査や法務調査を行った場合はその調査費用です。また、合併時に資本金が増える場合は登録免許税が必要です。

男女

事業拡大に効果的な買収

企業が新規事業を始める時は工場を新設したり、技術者を雇用する必要があります。それらのコストや時間を短縮するには、同じ事業を行っている企業を買収するのが効果的です。企業買収する時はM&A専門のコンサルタント会社に依頼します。相手企業の経営状況や負債などを調査してくれるので、安全に買収ができます。

資料

企業間のM&A取引

中小企業の間ではよく企業買収などのM&Aが行われています。特徴としては経営資源を維持することが可能という点であり、ポイントとしては双方が得する取引にしないと国や自治体から注意されるという点です。コンサルタントに仲介を依頼し、円滑な取引にしていきましょう。

メンズ

自社の成長を促す方法

自社のビジネスを拡大するために企業買収は有効な方法です。しかし、むやみやたらと買収すればよいというものではありません。自社とシナジー効果があり、将来の成長が見込める会社をいかにして見つけるかが、経営者に問われています。